山梨県にあるジムニーの専門店 展示車両は県内有数 中央道 甲府昭和インターすぐそば

PECSの解説

開発者の株式会社 ターゲンテックス 中村幸司社長に来店していただきました。

about-pecs -01

トヨタ自動車の関連会社出身の中村氏。

自由な研究開発のために独立し、
自動車の良コンディションを維持するのには何よりもオイルの重要であるという考えのもと、
オイル中の金属微粉末を取り除くことができる『無交換式オイルフィルター』を開発。

事業家というより、研究家という印象です。

about-pecs -02

実際、日大大学院工学研究科で講師もされています。
すでに、先生と生徒・・・という関係になってます。

about-pecs -03

PECSで潤滑がよくなり、そして密閉度が上がると燃焼がよくなる・・・
それを炭を燃やした場合に例えて、酸化と還元の授業 お話です。

about-pecs -04

真剣に受講中。有機物の分子構造にまで話は及びます。

about-pecs -05

何故、オイルは黒くなるのか。。

オイル内を循環する超微粉末の2次、3次摩耗粉が金属と強く接触することで発する高熱によりオイルの分子構造が破壊して炭化するという(←これで正しかったですか?)。

つまり、オイル内の微粉末が無くなると潤滑は飛躍的に良くなり、そして2次摩耗以降が無くなることでオイルの劣化を防ぐことができるというものです。

ここで簡単な実験・・・

about-pecs -06

ガラス板の上に水を垂らし丸いガラスを2枚乗せます。
片方は水だけ、もう片方には線香の燃えカスの灰(1ミクロン以下の微粉末)を水に混ぜます。

about-pecs -07

そして、滑り具合と、密着の違いを触って体感。

ヌルヌルした感じと、ザラザラした感じ。
明らかに違います。

剥がすときの力も全く違い、密閉度の違いが分かります。

ある程度想像はできましたが、想像以上の違いで驚きました。

そして、PECS導入時の最初の疑問だった、
鉄以外の金属は磁石にくっつくのか?の実験。

about-pecs -08

アルミのワッシャーを細かいやすりで削ります。

about-pecs -09

静電気に帯電したアルミ粉は磁石にくっついたのでした。
オイルは非導電性なので放電せずにそのままPECSの磁石に吸着されるのですね。

なるほど、ホントにくっついた。
真鍮も同じようにくっつくとのこと。
また、2次摩耗以降がなくなることでアルミや真鍮粉が発生すること自体が激減するとのこと。

PECSを構成する永久磁石
NとN  SとS  を向い合せることで反発する磁力線がでます。
磁力線の強さは距離の二乗に反比例、
すなわち近づけてセットするほど強い磁力線の中をオイルが通過することになります。

about-pecs -10

このページは クラシックミニ専門店 キャメルオート スタッフブログの
http://brog-camel.camel-auto.co.jp/archives/52105011.html
を元に作成しました。

気軽にお問い合わせください。 TEL 055-225-6684 10:00~20:00
定休日:毎週水曜日
山梨県甲府市徳行3-11-15

メールでお問い合わせはこちら
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.